お仕事をお探しの方
求人情報検索
転職支援 オンライン登録(無料)
企業ご担当者様の方
求人のご依頼
重要なお知らせ

当社経営統合についてのお知らせです

シンガポール国外在住の皆様へ

シンガポール生活事情

気候

シンガポールは赤道直下に位置し、熱帯性モンスーン気候の常夏の国です。年間を通じて、最低気温が24度、最高気温が32度、また湿度は80%以上です。日差しや紫外線が強く、10月頃から1月にかけては雨期に入ります。しかし、ショッピングモールやオフィスに一歩入ると、冷房が効いており大変寒く感じるので、カーディガンやジャケットを用意すると良いでしょう。

住まい

シンガポールで現地採用となった場合、住宅費は自己負担となります。月々の賃貸料は、ロケーションや築年数、部屋タイプ(マスター・コモンルーム)、エアコンの有無によって様々です。シンガポール国民の8割が住んでいる公団住宅HDB (Housing & Development Board) の場合、賃貸料は安価で探すことが出来ます。また、キッチンやトイレ、バスは共同になります。少々割高になりますが、ジムやプールなどの共有設備が付いているコンドミニアムも一般的です。物件は、新聞やコミュニティ誌、シンガポールに関するウェブサイトの掲示板などで見つけることが出来ます。

物価

シンガポールの物価はアジア諸国の中では比較的安定しているようです。
1ヶ月あたりの生活費の項目別の目安は以下の通りです。

生活費の目安(1ヶ月)
単位S$, S$1=80円 2014年4月
SGD JPY
住宅費(HDBの場合) コモンルーム 800 64,000
マスタールーム 1,000 80,000
光熱費 80 6,400
通信費 60 4,800
交通費(住居と勤務地による) 60 4,800
食費・交際費 700 56,000
雑費 50 4,000
Total(コモンルームにて試算) 1,750 140,000

日本の製品・食品

日系のデパートやスーパーマーケットが年々増加しており、日本の製品や食品を簡単に購入することが出来ます。政府の規制により、手に入らないもの(一部の書籍、食物、薬など)もありますが大抵のものは手に入ります。割高感はあるものの、日本の製品は幅広く輸入されており、価格や品揃えの面を除けば日本同様の暮らしが望めるでしょう。また、日本食レストランもお手頃なものから高級料理店まで充実しています。

病院

シンガポールの医療制度は整っており、日系のクリニックや日本語の通じる病院もあります。最初から専門医にかかる日本と違い、最初はGP(General Practitioner)と呼ばれる一般医に診てもらい、必要に応じて専門医を紹介してもらうのが一般的です。医療費に関しては、企業ごとに指定のクリニックがある場合や、企業が一部から全額負担するというケースが多いようです。

学校

シンガポールは日本に負けず劣らず教育熱心な国です。ローカル、インターナショナルスクールの他に日本人小中学校もあり、多くの選択肢があります。また、社会人対象の語学学校や技術専門学校なども充実しており、更にスキルを磨くことも出来ます。

旅行

アジアのハブであるチャンギ空港は、エキゾチックなアジアの国々やビーチリゾート、オーストラリア、ニュージーランドからアメリカ・ヨーロッパ方面まで多くの便が発着します。長期休暇を利用し訪問したい目的地も豊富です。近年は、格安運賃が魅力のLCC航空会社が増加し、以前にも増して、近隣諸国への旅行がより身近に実現できるようになりました。

スポーツ

平日の会社帰りに会員制のフィットネスクラブに立ち寄り、週末にはローラーブレード、ビーチバレー、ドラゴンボード、ウェイクボード、ウィンドサーフィン、ロッククライミング、サルサダンスを楽しむ方もいらっしゃいます。地の利を活かして、マレーシアやインドネシアまで簡単に行くことができ、ダイビング、ゴルフ、乗馬、ハイキング、ラフティング、カヌー、サーフィンを目一杯楽しむことが出来ます。

習い事

語学学校で英語をスキルアップしたり、中国語、マレー語を学ばれる方もいらっしゃいます。 公共施設のコミュニティセンターでは、幅広いプログラムが催されていますので、現地の方と一緒にリーズナブルな費用で参加することが出来ます。陶芸教室や指圧・マッサージ教室などで、技術を習得し、趣味と実益を兼ねられる方もいらっしゃるようです。

休日・祝祭日

シンガポールの祝祭日は、宗教に関連するものが多く、それらの祝祭日は年毎に日程が変わります。毎年、政府から発表される祝祭日のスケジュールに基づき、シンガポールのカレンダーは決定されます。祝日は日本と比べると4、5日少ないのが現状です。

税金(所得税)

シンガポールでは毎年、個人が税金の申告をして納税を行います。(就業先企業により納税対応を行う場合もあります)前年1月から12月までの総収入から各種控除額を差し引いた金額が課税所得となり、当年3月頃に確定申告後、納税を行います。
※シンガポールでは、183日以上シンガポールに滞在する居住者が申告します。